スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ!コロダイ釣行!11-10-29~30

ここ最近、なんやかんやと忙しさにかまけて、更新&みなさん所への訪問が
滞ってましたが、前回の秋合宿のリベンジと言う事で、再び和歌山方面へ
やってまいりましたよ~

今回も雨投げさんdadashuとのコラボです。
ちょいしんさんんはお仕事の都合で不参加)

dadashuさんと綿密な打ち合わせの結果、土曜日正午に某釣具店で合流し
車1台で現地へと南下。
助手席で昼ごはんのサンドイッチををほお張りながら
早速チューハイロングをグビグビやってるdadashuさん
今回の酔いどれ釣行の先行きは一体どうなるのか・・・

昨夜から全く連絡が取れない雨投げさんを心配しつつ
ウロウロと迷いながらの現地入りすると、そこには雨投げさんが
先着して場所取りをしてくれてました!
(お気遣いありがとうございます!)

天気は上場!空に雲はあるものの、風は無く潮も徐々に上げて来てるようです。
仕掛けの準備をする皆さんを横目に、せっせとテントの設営をする私(笑
明日朝まで曇りの予報ですが、前回と同じく雨が降るんちゃうかな?と
これが後に有効になろうとは・・

16:00頃、テントの設営と仕掛けの準備が出来たところで、コロ釣りにはまだ早時間ですが
自作のイカタンを餌に釣り開始!

この自作エサ、一見イカの塩辛なので家で作ってる時、食いしん坊の長男が
『食べたい~』と食いついて来てましたよ。あと、現地でdadashuさんも食べたいって
言ってましたが、これはエサなのでツマミにしないで下さいね(笑

DSCF038000001.jpg

2セット投げ込み一息ついて缶ビールをプシューッ!
喉を潤してると、早速竿先にコココッ!


ガッシーちゃんGET~♪
幸先良いスタート?です。
DSCF03860002.jpg

17:00過ぎ、竿チェックで仕掛け回収する時、根掛りらしく仕掛けが底にガッチリ
喰らい付いてるようです。竿をあおって仕掛けを回収すると・・・

タコ~!(嬉 
海底にへばりついてたんですね。
DSCF03870003.jpg

18:00頃、その後も定番のゴンなどが上がり、そろそろ地合いの気配!
DSCF038800006.jpg

エサを打ち返して頑張ってると頻繁にゴンらしき小当たりもありますが
本命らしき当たりは無し・・

いい調子で酒を飲みつつ竿先のケミを見つめてると、突然竿先が大きく曲がり
ドラグがジーッ悲鳴を上げ始めました!!
とっさに竿に飛びつき、ドラグを締め込み、のけぞる程の大あわせを~

ガツンッ!

うお~っ!

ヘッドライトも吹っ飛ぶほどメッチャすっころびました(笑

しかし、まだ竿先はグングンと強烈な力で締め込まれてます。

何とか起き上がりリールのハンドルを巻き倒しますが
この手の魚はやり取り禁止!真っ向の綱引き勝負ですので
仕掛けの強さを信じてゴリ巻き!

こ、これは強い引き! たまらんっ!
深酒でふらつく足を何とか踏ん張り、魚の引きに耐えます!

が!その時、ふっと魚の重みが消え、痛恨のフックアウト!(><)

『あ~っやってもうた~!』
浜に響き渡る悲痛な叫び

マ、マヂ?しかし、今が地合いなのは間違いありません
気を取り直して仕掛けを打ち返します。
その後、押さえ込むようなモゾモゾした当たりに大あわせをくれてやると
ズシッと重いだけの反応!
これは、絶対謎の生物のハズ!
しかしこれも、波打ち際の駆け上がりに
当たったらしく、惜しくも目の前でフックアウトしてしまいました

あ、アカン!これはアカン・・・

折れそうになる心を何とか奮い立たせ再度エサを投入します。
それでも何とかガッシーには遊んでもらえたものの、これで当たりは遠のきまして
沈黙の時間が訪れ皆でマッタリ
DSCF039000005.jpg

と、その時dadashuさんの竿に反応!
竿を弓なりに曲げて格闘の末に上がってきたのは、何と巨大ボラ!
『綺麗な海のんやから、食べれるんちゃいます?』
既に泥酔一歩前の私から悪魔の囁きを・・・
やはり酔っ払いのdadashuさん。
『そやな』と言い放ち、巨大ボラを即締め!
DSCF03920004.jpg

お腹からはタップリのカラスミの元が!
身のほうは、dadashuさんのサバイバルナイフを拝借して
雨投げさんに拾って来てもらったマナイタ(木片とも言う)
で強引に刺身にしちゃいました(笑
しかし、開いた身は綺麗な白身。これはまるで鯛!
ワイルド過ぎる調理でしたが、紙皿に持参の醤油とワサビを入れると
それなりに料理然としてます。
(写真撮り忘れ)

そしてボラ食を言い出しっぺの責任は果たさねばなりません。
指で一切れ摘み、わさび醤油を付けて口に放りこむと・・・

うまっ!
コリコリと良く締まった白身は、噛み締める毎に濃厚な魚の旨みが
口の中に広がります。
噂には聞いてましたが、本当に鯛の刺身と同じ。
いや、釣りたての分こちらの方が数段上か?
ボラ特有の臭みも全く無く、それと知らされずに提供されたら鯛と信じてしまいますよ!
シラフの雨投げさんが沢山食べてたのが旨さの証拠?

う~ん『所変われば品変わる』と言いますが、まさにその通りでしたね。


と、ここで怪しかった空から大粒の雨が・・・
備えあれば憂いなし、ここでテントに荷物の避難!

秋~冬の夜釣りにテントは最高だと気づきました
ちょっと寒くなって逃げ込める場所があるって、なんて良いんでしょう♪
DSCF03980009.jpg



時は過ぎ22:00頃、雨投げさんが帰られた後は全く泣かず飛ばず、0時を回ると
焼酎お湯割りの飲みすぎで、テントで気絶してました。

翌朝3時に目覚め再び餌を打ち返しますが駄目

6時頃またテントで気絶してたようで、7時過ぎに目覚めた時には
既にdadashuさんは片付けを終えており、私もソソクサと撤収を開始しますが
上げてきた潮を見てると何か釣れそうな気がして、テントを畳む間にもエサを
投げ込んでおく事に・・・(う~ん往生際が悪いw)

テントも片付け終わり、ふと竿を振り返ると何やら竿先が揺れてます。
大あわせで上がってきた獲物は・・・

ウツボ~!
DSCF04050008.jpg

ちょっと小さいですが、何とも凶暴な風体!

外道?いえいえモチロン本命の一つなのでキッチリ締めてキープ!
ここで本当にストップフィッシング。

皆さんお疲れ様でした~

さて、本日の獲物は~?
ウツボ、タコ、ガシラ×2
DSCF04110007.jpg

ウツボは目打ちをしてアナゴのように捌きます。
その凶暴な外観とは裏腹に何とも旨そうな白身。
DSCF0412000011.jpg

お尻から下は骨が多いので、しっかり骨切りをして唐揚げにしましょう。
頭側の半身は勿論タタキにしますよ。
ウツボのタタキの場合はしっかりと皮に焼き色を付けて身も火を通します。
要するに白焼きですね。
これを食べやすい大きさにカットしてネギを散らして完成。
DSCF0419.jpg

因みに高知ではニンニク酢味噌に付けて食べるのが定番です。
ガシラは唐揚げに・・・
(上がガシラ、一番下側はウツボのカラアゲです)
DSCF0415.jpg

タコは天ぷらにしましたよ。
DSCF0427.jpg


ウツボのタタキは皮のゼラチン質がコッテリと旨し!

唐揚げは旨味があるものの小骨が多すぎて食べるのが少々面倒でしたね。
次釣れたら干物にしてからカラアゲにしてみましょう。

因みにウツボのタタキはお子らにも大好評。
相変わらず刺身好きの長男、ペロッと行ってましたねぇ(笑
DSCF0424.jpg
が、my奥様にはウツボのタイガースカラーが少々御気に召されなかったのか
若干引き気味でした(汗

いやーっコロは釣れなかったですが、ウツボは良かったですね~
今度はもう少し大きいのが釣りたいなぁ

え、グロいですか?

そんなん言ってたら・・・


『おっさん喰たろか!ぼんぼん噛んだろか!?』
by浜村淳
utubo.jpg
ってウツボに齧られるかも~(笑

↓ボートでの釣果情報はこちらですよ~
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
↓私の適当育児と違って、真面目な情報はこちら。
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。