スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートエースの自作フロート?!

いや~寒くってたまらんですね~
って事でこの週末も釣りには行けず仕舞いでしたが
こんな週末は艤装にかぎりますよね。

実は冬場って、ゴムボートでプカプカするのは良いのですが
帰宅後にまた膨らませて、真水で洗って乾燥→収納ってプロセスが
大変なんですよ。

なんせ、寒いし乾きにくいし・・特に北斜面の我が家は
日の沈むのが早いですしね(爆

んで、なるべく冬場はボートエースで浮かびたいのですが
一つ気になる事が・・・
今までもボートエースは船外機による船尾の沈み込みが
気になってたのですが、船外機をトーハツのんに変えたら
給油口がかなり船尾寄りになっており、給油するときに
沈没するんじゃ無いかって、もう夜も眠れない状態なんですよ(笑


あ、この黄色いボートなんですがね、要するに椅子のある横辺りの
左右に安定させる為の浮きを付けたいって事なんです。


んで、ボートの両サイドにセットするサイドフロートを探してたのですが
リ○ルボートさんのだと、4万円もするし、怪しいメーカーのんでも
2万円以上します。ちょっと勿体無いって事で、下手な工作でもしてみましょうか

とりあえず、浮力体として格安のスタイロフォームを購入
ホームセンターで30cm単位で切り分けてもらいます。



これらをシリコンシーラントを塗布して行き順番に重ねて行きます
SANY3258.jpg

長男も興味津々でお手伝い!
SANY3259.jpg

5cmの厚みのスタイロフォームを6枚重ねて30cm角の浮力体とし
進行方向の水圧を軽減するために整形します。まずは適当に
マジックでカット線を入れて・・
SANY3260.jpg

一発でカットできる道具が無いので、泣く泣くノコギリなどを使い
順番にカットして行きます。この時メチャメチャ屑が出てもう大変(><)
掃除機を片手に作業を進めますw
SANY3261.jpg

ある程度の形が出来ると、補強の為に同サイズでカットしたコンパネを
重ねていきますが、これも一旦シリコンコーキングしちゃいますよ。
SANY3263.jpg

左右とも同じようにして接着します。
SANY3264.jpg

んで、気休め程度かもしれませんが、耐水性、耐光性のガムテープで補強します。
SANY3265.jpg

ここで、ボートエースの色に合わせた黄色のプラダン登場!
SANY3266.jpg

スタイロフォームの大きさにカットしつつ、シリコンで接着して行きますよ
SANY3267.jpg

順次貼り付けて・・何となくボートエースのオプションっぽいかな?
SANY3269.jpg


とりあえず、全面プラダンの貼り付け完了!
SANY3270.jpg

お子達を呼んで、これな~に?って聞いてみますと・・

長男『ボート~っ』・・おっ!近いじゃん(笑
次女『おふろ~っ』・・パパんちのお風呂は黄色くないよ~(><)
SANY3271.jpg

ってここまで作って、フローリングがツルツルになってる事に気づきました!
シリコンがついちゃったんですね~ ヤバイ!奥様に怒られるっ!

果たして、私の運命は!?そしてこの適当な思いつきで作り始めたサイドフロートは
本当に完成までこぎつけられるのか!?

次回『こんなに汚して~っ!釣りは禁止よ~っ!』に 乞うご期待!?(汗


↓ボートでの釣果情報はこちらですよ~
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
↓私の適当育児と違って、真面目な情報はこちら。
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。