スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知釣行!?2011-09-18

さて、9月の最初の三連休ですが、墓参りを兼ねて単独で高知の田舎に帰省しました。

当初、ツレのomochiさんと浦ノ内湾のイカダでチヌ釣り予定でしたが
台風15号の影響で予定日の17日は大雨の予報!(><)
16日に急遽日中のイカダをキャンセルして、当日は晩に飲みに行く事に・・・

って事で、すし処 すごろくさんへやって来ましたよ~



このお店、こじんまりとしてますが、結構お客さんで一杯になり
予約が必要との事。
私達は18:00前に入店しましたが、後に続々とお客さんが来られ
満席に・・・

とりあえず、この店一押しの『カツオの塩タタキ』
当然タレなど何も付けず、そのままで頂きますが
焼きたてで、皮目はパリッとしておりぬくぬくです。
シンプルな塩味で、カツオ本来の旨みが堪能できて、さすが!
SANY5708.jpg


次は『アナゴの天ぷら寿司』コロモはカリカリしてて、甘辛いタレが
寿司飯にマッチしてて、しかも天ぷらはホコホコ!揚げたてで暖かいです!
少し遅く入店すると、売り切れで食べられない事もあるとか。
SANY5711.jpg

おっとここで、大将からのサービス『ハランボ(はらみ)のあぶり寿司』です。
マグロで言うところの大トロ!甘みがあって香ばしい身にニンニクスライスが
アクセントになって、本当にトロけそうな旨み!
(大将ありがとうございます!)
SANY5712.jpg

『クジラの煮凝り』
クジラの皮のプリプリ感とこっくりとした煮凝りの
甘みが郷愁を誘います。まさに古き良き日本の味!
SANY5718.jpg

『青海苔のてんぷら』
四万十川で採れた乾燥アオノリを天ぷらに!
これ、アオノリの香ばしさが凝縮されており、一口ほお張ると
上品な海の香りが口腔内に広がります!サクッとしたコロモと相まって
納得の一品です。
SANY5713.jpg

美味い料理には美味い酒!飲みすぎない訳は無い(笑
SANY5714.jpg

たっぷりと升にこぼれるように注いでくれる女将さん
表面張力でパンパンになったお酒は、当然口から迎えに行きますよ~ 
ずずっと啜り、半分くらいになった所へ升に溜まった酒を
注ぎ込み、更にググッと飲み干します。
あぁ~~っ し・あ・わ・せ
SANY5715.jpg

そうそう、ここは寿司屋さんなので寿司メニューもありますよ
盛り合わせメニューですが、メチャ土佐弁で書かれてますよ
『ふつうのが(普通のやつ)』=梅
『うんとえいが(すごく良いやつ)』=竹
『こじゃんとえいが(メチャメチャ良いやつ)』=松
って感じです(笑

SANY5717.jpg

今回意外に美味かったのが、この干物!
なんでも、土佐清水の漁師さんが一匹ずつ手で串に刺してるそうな!
お代わりするほどの美味さ!
SANY5710.jpg


『ウツボのカラアゲ』
酔いも回って来ましたが、まだまだ飲みますよ~
ウツボは皮目がコラーゲンタップリで、パリパリに
揚げられてましたねぇ~ 
塩でシンプルに頂きましたが、冷酒に合って旨し!

二人してタップリ飲み倒しましたが、値段も格安!
今度もまた来ようと思うお店でした~
皆さんも高知にお立ち寄りの際は是非どうぞ!
SANY5719.jpg

さぁ~っ!二日酔いの頭を抱えて釣りに出かけますよ~!

翌日18日、芸西漁港へ向かいましたが、メチャメチャ大荒れで
全く釣れません!(><)マイッタ
SANY5736.jpg

仕方なく少し西側の手結(てい)漁港へ移動です。
ここは濁りは強いものの、波風は大丈夫な様子
SANY574100001.jpg



キス狙いでイシゴカイでちょい投げしますが、コチの子や
SANY5748.jpg

アマギ(ダイミョウサギ)などが釣れ、そこそこ魚の引きを楽しめました。
SANY5743.jpg

中でも一投一匹の勢いで釣れてくるのは『ニロギ(ひいらぎ)』
初め小さいのでリリースしてましたが、干物にすると旨いので
キープします。
SANY5740.jpg

そのうち本命のキスなども釣れて・・
SANY5745.jpg

結構釣れるので、お遊びでガルプサンドワームで釣ってみますが
見事にキスが釣れました!(ガルプって凄いw)
SANY5749.jpg

11:00頃、程ほどで納竿とし、早起きのせいでペコペコのお腹を抱えて
早めの昼食を摂るべく向かった先は?

『自由軒』

大阪にあるカレーの有名店と同じ名前ですが、実はラーメン屋さん
ここ、秘密のケンミンショーでも放送されたお店でして
SANY5755.jpg

『味噌カツラーメン』
が美味い店なんですよ!
SANY5750.jpg

トッピングのカツも分厚くて大きいのですが、
大きいチャーシューも入ってます。
ニンニクの効いた味噌スープに固めの麺が相まって
何とも言えない美味さです。
あぁ、お腹一杯!満足満足。
SANY5753.jpg



オマケ
沢山釣れたニロギは結局『ニロギ汁』に・・
ヒイラギの表面に付いているヌメリが旨いとの事で、さっと水洗いしただけの
ヒイラギを沸騰した鍋に放り込み適宜味付けするとダシがタップリと出た
旨い汁になります。二日酔いの胃にもしみこみますよ~

SANY5759.jpg

あっ!釣果報告ブログで無く、何となくグルメレポっぽくなりましたが
次回こそきっちりした釣果を出したいと思います(汗

↓ボートでの釣果情報はこちらですよ~
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
↓私の適当育児と違って、真面目な情報はこちら。
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

行っときますか!タチウオ調理編

連日の夜間釣行で、あまりにヘロヘロ(><)
料理編はどうしようかと思ってましたが
ブロガーたるものカメラは手放せません!と、とりあえず
写真だけは撮ってましたので、適当料理のご紹介(笑

まずはなんと言っても刺身でしょう!疲れが包丁に出たのか
下手な腕が露呈したのか、ヘロヘロ刺身に(笑
まぁご愛嬌って事で・・・

あ、でも味は最高ですよ~ 脂の乗った身とコリっとした
皮目が最高です。


タマゴも抱いてましたので、サッと湯がいて
ポン酢でいただきます。
お~っ 濃厚な魚卵にポン酢のサッパリ感がなんとも言えません!
DSCF0904.jpg


糸造りに玉ねぎとシソの葉をみじん切りしたものを
混ぜて、マヨネーズ和えにして塩で味を調えたもの・・
何て名前だ? 『タチウオマヨネーズ和え』かな?
(そのまんまやんw)
あ、これが一番高評価でしたよ~ 実はタチウオって
マヨネーズが合うんですね~
DSCF0902.jpg

後はタチパッチョですね(笑
こちらも長男が3/4ほど平らげちゃいましたよ
DSCF0910.jpg

次女(3歳)が、刺身をペロッと平らげて、お代わりをしつこく要求したのには
びっくりしましたねぇ 子供らだけで1匹分の刺身を追加しました∑(゚ω゚ノ)ノ
DSCF0905.jpg


2日目の夕飯も当然タチウオ料理です
(冷凍しとこうと思ったのですが、お子らから刺身のリクエストあり(笑))

ここで、豪快な釣りと繊細な料理をされる風来坊さんから
タチの干物が美味い!
との情報を頂き、さっそくやってみる事に!ゎくo(。・ω・。)oゎく

とりあえず、タチを開いて10%の塩水に30分程度漬け込み

子供部屋のベランダを借りて4時間ほど天日に干してみます。
SANY1881.jpg

干し上がった干物がこちら
ううっ! いい塩梅にテカって!見るからにウマそう
SANY1882.jpg

とりあえず奥様に焼いてもらって~♪

あっ!何故か小さくカットされてます。
奥様が写真を撮る前にお子らにカットして取り分けた模様(汗

ちょっと貧相になりましたが、表面のテカりもいい感じ!

食べてみると・・

う~ん 美味いっ!
左側は身が多い胴体部分。余分な水分が抜け、普通に焼いた太刀魚の
フカフカ感では無く、ギュッと凝縮された旨みがあります。

右側の尻尾に近い部分は身が薄いせいか、塩分も浸透しており
酒の肴にもってこいです。
(さすが風来坊さん、百戦錬磨だけあって美味い魚の食べ方を知ってはります!
SANY1886.jpg

普段焼き魚が得意でない長女も、余程美味かったと見えて
手づかみで黙々と食べ進みます。

SANY1887.jpg

そして、刺身に見えますがこれは『タチウオキズシ』です。
塩でシメて、軽くお酢に漬け込んでますよ。
これ、私専用の酒のアテにしようと目論んでましたが
何故かお子らに大好評で、2~3切れ残して全て
お子らが食べてしまいました(><)
SANY1883.jpg

で、定番刺身です。
(お子らが食べまくるので、一日目より多めに切ってますw)
SANY1888.jpg

長男ここで何やら、いらん事を初め出しました。
ラップにご飯を置き、その上にタチウオの刺身を乗っけて
ギュッギュッ!
SANY1890.jpg

タチ寿司(オニギリ?)の完成です~(笑
SANY1892.jpg

頂きま~す。
(長男よ、そんな食べ方して美味いか?!美味いのヵ?!)
SANY1893.jpg

タチウオ!堪能できました~ ごちそうさまでした

↓ボートでの釣果情報はこちらですよ~
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
↓私の適当育児と違って、真面目な情報はこちら。
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村 

調理編!エソ・エソ・エッソー!

日曜日のショアジギの釣果を並べて・・・・

う~ん?!何にしよう?

とりあえず、コアジを捌きます。んでガッチョもですね。

ガッチョは背びれを尻尾側から頭側に向かって水平に切って行き
そのまま刃の向きを変え、頭の付け根辺りで腹側に向かって背骨を絶ちます。

その後、腹の皮一枚残してひっくり返し、背骨を包丁でまな板と
挟む形で固定。そのまま頭を持って尻尾側に引くと、内臓と皮が
つるんと剥けて気持ちよく捌けます。(文書では解りにくいですね

そして、チヌも三枚下ろしでクリア!

さぁ!ここからが問題の『エソ』初めて釣ったので
何故釣り人に敬遠されてるか、検証がてら捌くこととします。



まず、ウロコ落としを使い、丁寧にウロコを取っていきます。
う~ん!まるでトカゲか蛇のようなフォルムですね。これが嫌われる
原因の一つでしょう。
そして腹ビレごと斜めに頭を落とし、内蔵を取り出します。
意外に綺麗な白身をしてますね。でも噂どおり骨は多そうです。
SANY1399.jpg

三枚下ろしにしますが、身自体は本当に綺麗ですね。
SANY1401.jpg

皮を引くと、なんかお刺身でも食べれそうな柵が出来上がりましたよ。
SANY1402.jpg

とりあえず、ここらでかまぼこか、天ぷら(練り物)にすべく
フードプロセッサーにかける事にします。

え~っと?フードプロセッサーって何処やろ?
実はmy奥様、今日はお子らを連れてお出かけ中。
普段お目にかかってない物なので、台所を探しても良く解りません。


早速メールを・・・

私 『フードプロセッサーって何処にあるの?

奥様 『無いよ

私 『えっ!スリコギとすり鉢は有る?

奥様 『ボールの下にあるよ

・・・・


・・・


・・




ガーンッ!何と我が家にはフードプロセッサーが無い!
衝撃の事実発覚!
う~む、嫁さんのレパートリーにはミキサー使うようなのは無いって事やな?
そう言えば昔、『フードプロセッサーとか後片付けが面倒よね~
って言ってた記憶が・・・

気を取り直し、すり鉢を探す事に・・・

で、出てきたすり鉢・・ミニドンブリくらいのサイズです

小っちゃっ!


こっ、これはイカン!これでは骨を砕くパワーが無い・・・

既に三枚に捌かれたエッソーを目の前にして、崖っぷちのポニョと化す私(><)


参った・・仕方ない骨抜きますか・・

見ただけで半身に三列以上の骨があるようなエソですが、指の腹で骨を探しつつ
丁寧に骨抜きで、骨を抜いていきます
SANY1404.jpg

全ての骨を抜き終わった後、今度は包丁で丁寧に叩いていきますよ。
SANY1406.jpg

本当はここで水にさらして、余分なウロコや骨を除くらしいのですが
旨みまで抜けそうな気がして、練りの工程へ進みます。

あまりにも小さいすり鉢なので、3分割して練っていきます(><)

3%の塩を加え、必死で練っていくと、なんだか身がプリプリと固まっていき
何となく練り物の様相を呈してきました。

砂糖、みりん、タマゴの白身などを加えながら更に練りこみます。
SANY1407.jpg

練り物が出来上がると同時くらいに、奥様がお子らを連れて帰ってきたので
揚げる工程はお任せする事に・・・

私はチヌの三枚下ろしから更に身を切り分けて調理を進めます・・・


そして出来たのが・・・・

DSCF0007.jpg

チヌパッチョ(チヌのカルパッチョ)
ニンニクを効かせて、香草などを散らしてます。
文句無しの一皿、チヌの臭みなんかも全く無くてウマイ!
DSCF0009.jpg


刺身2種盛り

実は骨を抜いた後のエソですが、身が綺麗でしっかりしてたので
刺身にしてみました。奥2列がエソ
手前の一列がチヌです。 皆にはエソって黙って出してみましたよ。
果たして、お味は?・・
DSCF0011.jpg


そして、エソの天ぷら(関東ではさつま揚げって言うのかな?)と
アジのカラアゲ、手前の白いのがガッチョです。

このエソ天、嫁さんが揚げてる横でツマミ食いしてみましたが

異常な程に美味い!

出来立て揚げたての天ぷらは最高ですよ、カリっとしてホクっとして
魚の旨みが引き立って最高です!
釣りたて新鮮な魚肉で添加物一切無し、良く考えたらこの条件でマズい訳が無いですよね
(実はエソは高級かまぼこの材料だとか!道理で美味いハズです・・)
DSCF0012.jpg

ガツガツとカルパッチョを食べる長男!

半分くらい一人で食べてましたね~(笑
SANY1414.jpg

そして、問題のエソ刺し・・こちらもお子らには
『もし骨があったら出すんだよ』と言い聞かせて食べさせましたが
綺麗に骨が抜けてた模様、全く大丈夫でした。

長男はチヌの方が好きだったようですが、長女はエソ派でしたね。

私もエソ刺し食べてみましたが・・・

全く普通に美味い!淡白で、それでいて旨みが凝縮されたような味!
多分丁寧に骨を抜いて刺身にして出したらエソって気づく人居ないのでは?
って感じでした。
SANY1419.jpg

次女も天ぷらと刺身一生懸命食べてましたよ~(笑
SANY1417.jpg

結論・・・・エソは美味い!
(但し、根気の要る丁寧な下処理作業が必要・・・)

段々とゲテモノ食いブログになりつつあるなぁ(笑

↓よろしければ ポチッとナお願いします
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ランキングはこちらをクリック!

ゴンズイを食ってみた!

さて、先日の筏釣行でチヌに恵まれず、外道のゴンズイをキープした私。
いよいよ調理をする事に・・・・

SANY1226.jpg

とは言え、朝3:30から行動で一日中筏で釣り、帰宅した頃には精も根も尽き果てた状態
もう、ゲロ出そうなくらいに疲れ果ててます。

しかし、しかし魚を捌かねばっ!

チヌのほうはサラッと調理し、塩焼きに・・

また、コノシロも捌いてみたもののやはり小骨が多く、前途に暗雲が立ち込めます。
しかしここでひるむ訳にも行かず、やはり塩焼き!

そして、問題のゴンちゃん

ゴンズイには背びれと胸びれの3箇所(赤丸で囲んだ部分)に毒ヒレを持っており
刺されると大変な事態になるとの事!
これらの毒ヒレは予め釣り場で除去済みなので、頭を落とし腹開きにして
背骨を取ります。(疲れ果てて画像無し)

骨や身の感覚は何処と無くアナゴに似てますが、アナゴほどヌルは無く捌き安い印象。


数匹キープしたゴンズイを捌き切り、とりあえずチヌ、コノシロ、ゴンズイを
一匹づつ焼いてみます。

まず、チヌの塩焼き・・・文句なしに普通に食べられる魚でしたね。美味し!

そして、コノシロ塩焼き・・・うっ!味はまずくは無いのですが、なんせ小骨が多く
私的にはちょっとNG!食べ進めるのは困難!

最後に、ゴンちゃんは白焼きで・・・


おっ なんと言う事でしょう!

白身は上品で脂も乗っており、アナゴに似た味!やはり海水のナマズ系

結構イケます!

よ~し、残りは明日自宅へ戻った時に、改めて写真撮りながらカバ焼きにしよぉ~っと!



・・

・・・

・・・・

そして翌日、高知から兵庫の自宅へ帰る事に・・・・

高速込まない内に~っと急いで支度し、魚が痛まないように大量の氷も購入!
さぁ~~帰るで~~っ
帰路に付く私・・・



そして、無事高速に乗って30分程走った頃

『まぁ、早めに出たお陰でそんなに込んでなさそうやなぁ~♪ 
  まぁ早よ帰って料理・・・・・ハッ!』

『あぁ~~っ!ゴンズイ忘れてるやん~~(><)』


帰り際のバタバタですっかり魚を忘れた私・・でももう後の祭りです。
(わちゃ~っ!どうしよう!)

急遽実家に帰ってる妹に連絡し、料理と写真&感想をお願いすることにしました!

で、出来たのがこちら!

まずはコノシロの煮物。 小骨が多い魚との事から、圧力釜で炊く事で骨まで柔らか。
全く骨が気にならず、美味しく頂けたとの事!
なるほど、調理方法で何とでもなるもんですねぇ!
P8150020.jpg

そして問題のゴンズイ白焼き
あっさりしててクセも無く美味しかったと、こちらも好評だった模様!
P8150010.jpg

結論!

ゴンちゃんは美味い!

あ、真似してトゲが刺さったなんて事の無いように、もし料理される方が
居れば自己責任でお願いします~(^^;

あと、あくまでお味に関しては個人的な意見ですので、試してみて不味くても
責任とれませ~ん(笑

あ・し・か・ら・ず  (笑

↓よろしければ ポチッとナお願いします
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

ランキングはこちらをクリック!
 

釣ってないのに鯛のお造り!

昨日の金曜日、リンクブロガーのひまあゆさんから立派な鯛と
新鮮お野菜が届きました!

以前私のブログで、見事1万HITをGETされたひまあゆさん。
この時のプレゼントのお返しとの事で、ご主人自ら釣って来られた日本海の
天然真鯛と、農園で丹精込めて育てたトマト、エダマメ、オクラを
送って下さったのです。
(ひまあゆさん ありがとうございます~♪)


ワクワクしながら帰宅後、早速捌かせて頂きますよ。
ほぉ~!さすが天然真鯛。ピカピカに光って桜色の肌にブルーのアクセントと
アイシャドーが・・・綺麗ですねぇ
私のような下手ッピが料理するのは勿体無いくらいです。(><)
SANY0932.jpg

鯛のウロコは、きちんとウロコ取りでバリバリ。
SANY0933.jpg

三枚に下ろして行きます・・・・
あ!お子らがお腹を空かして文句を言い始めましたよ(汗
DSCF9257.jpg


ふぅ~っ!
出来ましたっ 鯛料理の完成ですっ!
DSCF9262.jpg

まずは何と言っても新鮮お造り!
脂が乗っており、それでいてくどく無い!これが、まさに天然の真鯛の味かっ!
絶品です!
DSCF9264.jpg

そして、こちらも届いた完熟トマト! 
一口かぶりつくと、う~ん!みずみずしくて、ごっつい甘いっ!
DSCF9267.jpg

あ~んど枝豆!
こちらも大自然の栄養をぎゅっと凝縮したような濃厚なコクと旨み!
DSCF9266.jpg

腹側の身は塩焼き。焼くことにより脂の旨みが一層引き立ちます。

そして、皮は湯引き
プリプリでコラーゲンたっぷりの皮が、ポン酢とあいまって・・・たまりません(><)
DSCF9268.jpg

こんな美味いアテがあるのに、飲まないとバチが当たります!
って事で~~~~っ
(第三の)ビール!飲むぜ 飲むぜ 飲むぜ~っ!

ゴキュッ ゴキュッ ゴキュッ! プッハ~~~っ!
DSCF9270.jpg

いただきま~す!
DSCF9272.jpg


エダマメにメが無い次女!おいち~♪
DSCF9279.jpg

普段はちんたら食事に時間のかかる我が家のお子達ですが、今回は一気に箸が伸びて来て
ハイエナが獲物を屠るように、瞬く間に料理が消えましたよ(笑

そして、美味すぎる料理に少々ビールのガブ飲みが過ぎた私。
気が付けば朝の三時まで、リビングのフローリングで気絶してたのは
ナイショです(笑


↓よろしければ ポチッとナお願いします
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

ランキングはこちらをクリック! 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。